日経サイエンス7月号&旅行人06年春号

オランウータン関連記事が掲載されている雑誌を2冊紹介します。

日経サイエンスの最新号(7月号)にオランウータンに関する記事が載っています。

オランウータンの道具の文化が示す知能の進化

C. ファン・シャイック

同じ研究室のチンパンジーの文化を研究している人が監修をやっています。

別に目新しい話ではないんだけど、改めて日本語で読むと、なんかがっくりする。
ファン・シャイックの話を聞いていると、オランウータンはもう研究され尽くされていて、私なんが新しい発見なんてできないんじゃないか、って気分にさせられる。
はぁ~


旅行人06年春号「ボルネオ」
私の調査地にやってきた、日本人観光客の人に教えてもらいました。
ボルネオ島の野生動物に関しては最も豊富な知識をもつ日本人である、あの安間繁樹さんも主著者の一人。
かなり内容は濃いです。
動物だけでなく、ボルネオの「人の暮らし」に興味がある人にオススメ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月23日 16:40
山と渓谷社から出た「別冊 山と溪谷
eco borneo_ボルネオ・ネイチャーブック」の方が旅行人よりお勧めです。

この記事へのトラックバック