テーマ:動物行動学

だから社会生物学者は嫌われる

以下、社会生物学者と呼ぶか、進化心理学者と呼ぶか、行動生態学者と呼ぶか迷いましたが、本のタイトルに沿って「社会生物学者」で統一しました。語弊があるかもしれなけど。 ------------------- 社会生物学の勝利―批判者たちはどこで誤ったか 前から気になっていたけど、やっと読みました。 なんか、この本を読むと「98%チン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

人類の知、人類の宝

今日は「オランウータンと熱帯雨林を語る会」に行ってきた。 鈴木先生の現地報告は、いつものように興味深い話が多かった。 オスが7頭も同じ木にいた話、オスも生まれた場所(母親の近く)に戻ってくるのかも、といった話など、長期で調査しているからこそ観察できた事例だと思う。 でも、先生、お願いですから論文書いて下さい!査読つきの国際学術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺す男と殺される女

今日は、全然別のソースから「殺す男と殺される女」という話を読んだ。 1つ目はモンテ・クリスト伯<2> 山賊に加わっている青年の恋人が、首領にさらわれる。山賊の掟では、さらわれた女性はさらった男と仲間達に輪姦されて、殺されるか、身代金と引き替えに返される。 青年は首領に特例を認めてくれるよう頼むが、首領は青年を騙して…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

動物行動学入門

「利己的遺伝子」、「人間の行動と進化」、「動物行動学」等々に興味を持ちはじめた人に勧める本&ブログ(初学者向け) 1.長谷川真理子「雄と雌の数をめぐる不思議中公文庫」 とりあえず安価な文庫本で手軽に読める、動物行動学の入門書となるとこれ。 動物行動学、進化に関する本では、長谷川真理子先生の著作を選べば、失敗することは少ないと思…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more