テーマ:オランウータン

【テレビ】 2013年9月29日放映予定

下記の番組中で、2~3分間ほど、オランウータンが取り上げられるそうです。 日本テレビ『スクール革命!』 2013年9月29日(日)11:45~12:45 オランウータンの子供と触れ合うシーン(多分、群馬サファリパーク)と、それにあわせてオランウータンのトリビア?がいくつか紹介されるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 CNN環境特別シリーズ「スマトラ島に学ぶ」

この番組みたいけど、ケーブルテレビどころか、テレビすらない我が家では無理か… 環境特番:スマトラ島に学ぶ 9月14日より毎週土曜日ほか、30分x8回シリーズ ---------------- CNN環境特別シリーズ「スマトラ島に学ぶ」 野生動植物や原住民に生命の危機 スマトラ島を襲う森林破壊の現状 放送時間 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【書籍】 野生オランウータンを追いかけて

ついに出版されました、共同研究者というよりも、私の仕事上のパートーナー、相棒の金森さんの本。 脱稿する前から何度か読ませてもらいましたが、本人が「恥をしのんで書いた」と言うぐらい、強烈な、若かりし頃のエピソードが満載です。 私もちょっとだけ出てきます。 おそらく、現在、オランウータンの生態や科学的知見に関して日本語で読める、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 東山動物園のピカ、死去

8月15日に東山動物園のスマトラ・オランウータン、ピカ(オス、13歳)が死亡しました。 昨年からようやくフランジが大きくなり、つい最近、初ロングコールをした、と聞いていたのに、突然の死で本当にビックリしました。 ピカはお母さんが高齢の上、不育症で流産を繰り返していた為、名古屋市大の産婦人科の先生が協力して、予定帝王切開で生まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【保全】 肥満のオランウータンのダイエット

噂には聞いていたけど、実際に会ったことも写真も見たこともなかった、ポーリン温泉のオランウータン、なんとエサのもらいすぎで雌なのに100キロ超えたとか(文中では野生個体の2倍とあるけど、野生個体の雌は35~40キロだから、ほぼ3倍)。捕獲されてリハビリテーションセンターに送られたのは、まだしも良かった。それにしても強制ダイエット・プロジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【研究】 異動のご挨拶&朝小で連載

このブログをいつもご覧になっている皆様へ 私は4月1日から国立科学博物館人類研究部で日本学術振興会特別研究員(RPD)として研究活動を行うことになりました。 今までどおり、野生オランウータンの研究も継続しますが、「ヒトの妊娠・出産・授乳」にも研究テーマを広げる予定です。 科博に所属できるのは最長3年なので、引き続き、次の職…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【テレビ】 「ホットスポット最後の楽園」再放送

お正月に放映されたNHKスペシャル「ホットスポット最後の楽園」が再放送されるそうです。 2月11日(月・祝日)午後4:45分~午後6時(総合) 「福山雅治 最後の楽園を行く」 NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園 DVD-BOXアミューズソフトエンタテインメントユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ニュース】 オランウータンがiPad 夢は人間と意思疎通

日本経済新聞に下記のような記事が掲載されたそうです。 私のコメントも含まれています。 昨年11月に北米の共同通信の記者の取材を受けたのですが、衆議院選挙などがあったこともあり、掲載がかなり遅れたようです。 -------------------------------------------- オランウータンがiPad 夢は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 ホットスポット最後の楽園

年始にオランウータン関連のテレビ番組が放映される予定なので、お知らせしま す。 2013年1月3日(木)19:30~20:45 NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園「福山雅治 最後の楽園を行く」 私達がオランウータンの調査をしている、ダナムバレーも出てきます(調査対象のオランウータン達も!)。 私は撮影協力をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 多摩動物公園でオランウータンの赤ちゃん誕生

風の噂で生まれたらしいとは聞いていましたが、公式に発表されたようです。 多摩動物公園で、ボルネオオランウータンの赤ちゃんが6年ぶりに誕生しました! まだ若いお母さんなので、実は密かに心配していたのですが、母子とも健康そうで何よりです。 国内随一の飼育頭数を誇る多摩で、沢山の仲間に囲まれて、すくすく育つことを願っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 天王寺動物園「なきごえ」 vol. 48-11

天王寺動物園「なきごえ」 vol. 48-11に、オランウータンの追悼記事が載っています。 オランウータンを振り返って 飼育係の上野さんの優しい人柄、オランウータン達との信頼関係がうかがえる、とてもいい記事でした。 モモコ、サツキ、ミミから私達が学んだことを活かして、オランウータンの繁殖、福祉に貢献していきたいものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ニュース】 類人猿も“中年の危機”を経験

ラジオなどいくつかの媒体で報道されたようですが… 類人猿も“中年の危機”を経験 ナショナルジオグラフィック ニュース 元ネタはこれですね↓ Weiss, A., J. E. King, M. Inoue-Murayama, T. Matsuzawa, and A. J. Oswald. 2012. Evidence fo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 ダーウィンが」にオランウータン登場予定

来週(2012年11月26日)の「ダーウィンが来た!」では、オランウータンも登場するそうです。 11月25日(日)午後7時30分~8時00分 NHK総合 「動物大集合!魔法の泉」 私は直接、関わりはないのですが、研究者仲間がお手伝いしています(彼らの名前はクレジットに出るでしょう)。 撮影に関わったカメラマンさんと、こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【動物園】 天王寺動物園のサツキ死亡

つい先日、天王寺動物園のオランウータンの記事を書いたばかりだったのですが、なんと9月25日に天王寺のサツキが死亡して、大阪からオランウータンが消えてしまいました。 オランウータンのサツキやすらかに まさかこんなに早く、大阪からオランウータンが消えてしまうとは思いませんでした… 私も7月にサツキに会いに行きましたが、その時も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 天王寺動物園のオランウータン

天王寺動物園のオランウータンに関する番組が、下記の予定で放映されるそうです。 9月20日、午後6時10分から7時の間(7~8分程度) NHK総合ニューステラス関西 「大阪の子供たちにオランウータンを残したい」 ※関西ローカル放送です。 私もインタビューを受けたりしたので、多分、ちょっとは映るはず。 天王寺にいた雄のミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【書籍】 オランウータンの電子書籍(子供向け)

川端裕人さんが書いた、オランウータンの電子書籍(子供向け)が学研の下記のサイトで公開されています。 がっけん ぐるみ 図書館→がっけんすいせん電子図書→「森でくらすオランウータン」 ユーザー登録(無料)しなとみれませんが、大人でも見られます。 昨年、霊長類研究という学術雑誌で発表した、オランウータンの珍しい行動(大量の枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 スポーツ飲料を飲むオランウータン

2012年8月18日の東京新聞の夕刊で、横浜の動物園でオランウータンにスポーツ飲料を与えている話が掲載されるそうです。 私も専門家としてコメントを求められたので、簡単にコメントしました。 暑さ対策 ボクらもいろいろ スポーツ飲料ゴクゴク 2012年8月18日 夕刊 今回、ダナムバレーにいる間に、1週間雨が降らなかったら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【保全】 APP社とOFIの、オランウータン保全の為の新プロジェクト

スマトラ島で、オランウータンやスマトラトラなどが生息する貴重な原生林を伐採してパルプを作っている、と悪名高いAPP社が、オランウータン研究者として有名な、ビルーテ・ガルディカス博士が主催するオランウータン保護団体OFIと共同で、下記のようなプロジェクトを開始するそうです。 地方教育プログラムでオランウータンの狩猟・殺害・捕獲の厳格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 世界最高齢(の雄の)オランウータンの誕生日

おそらく世界最高齢の雄のオランウータン↓ 50歳の誕生日にケーキほおばる、オランウータンの「メジャー」 2012年07月17日 21:06 発信地:フランス,(c)AFP/ALAIN JOCARD 文中には単に「世界最高齢」とありますが、これは言葉足らず。 現在の(飼育下)世界最高齢オランウータンは、多摩動物公園の「ジプシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日記】 絵本世界の類人猿

大型類人猿は大きく分けて、チンパンジー、ボノボ、ゴリラ、オランウータンがいますが、本の世界での扱われ方はかなり違います。 日本語の科学書の世界では、 チンパンジー>>ゴリラ>>>オランウータン>ボノボ と圧倒的にチンパンジーの本が多い。 amazonの科学・テクノロジーのカテゴリーで書名に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 i-Padとオランウータン その4

まだまだまだ続く、このネタ。 今度は、発達障害(自閉症)の人向けに開発されたアプリを使って、ヒトとオランウータンがコミュニケーションできました!というネタ↓ 「『オランウータン』ついにiPadで人間との会話に成功する」 2012年05月10日21:00 秒刊SUDNAY 元ネタ↓ Orangutans at Mia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「“森の人” 森に帰る」(再告知)

以前にもお知らせしましたが、放送日が近づいたので再告知。 今度の日曜日に、NHKで、オランウータンのドキュメンタリーが放映されます。 4月22日(日)NHK総合テレビ 夜7時半~8時 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「“森の人” 森へ帰る」 公式サイトに、予告動画や写真、撮影ウラ日記などが掲載されています。 壁紙の、赤…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【動物園】 i-Padとオランウータン その3

このネタ続きますね~ ------------------- iPadに夢中、米動物園のオランウータン AFPBB News : 2012年04月09日 10:47 発信地:ミルウォーキー/米国 ※日本語字幕付き ------------------- 報道みる度に思うのですが、なんでオランウータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【テレビ】 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「“森の人” 森に帰る」

私がちょこっとだけ編集をお手伝いした(+共同研究者が全面的に撮影に協力した)、オランウータンのドキュメンタリーが4月に放映されます。 ----------------------- ダーウィンが来た!生きもの新伝説「“森の人” 森に帰る」 NHK総合テレビ 4月22日(日)19:30~20:00 --------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【保全】 オランウータンと熱帯雨林の会 第5回講演会の案内

オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)から第5回講演会の案内が届いたので、転載します。 -------------------- 第5回講演会 人のくらしとオランウータンの森 エネルギーをどのように確保していくべきかを問われている今、限りある資源を私たちはどのようにつかい、どのようにくらしていったらいいのか。天然ガス、石炭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【保全】 カリマンタンでは年間750~1800頭のオランウータンが殺されている!

カリマンタン(ボルネオ島インドネシア領)で、地元住民を対象に行った、オランウータンの保全に関する大規模アンケート調査の研究論文を見つけました。 Meijaard E, Buchori D, Hadiprakarsa Y, Utami-Atmoko SS, Nurcahyo A, et al. (2011) Quantifying …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動物園】 i-Padとオランウータン その2

一部?で好評だった、「iPadとオランウータン」の記事(2011年8月22日)ですが、続報?をみつけたので、掲載します。 ロケットニュース24 動物園のオランウータン同士がiPadのスカイプでビデオチャットするようになる!? ↓元ネタ(英語サイト) Extreme Tech Orangutans to Skype be…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 大型類人猿の絵本

この前、娘を連れて京都に行った時に、出産前までポスドクで在籍していた研究室に挨拶に寄って、下記の絵本をせしめてきました。 ゴリラとあそんだよ (ランドセルブックス)福音館書店 やまぎわじゅいち Amazonアソシエイト by この絵本、予想以上に娘が気に入り、愛読書の仲間入り。 しかしこの絵本、ゴリラの声が擬音で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more