【保全】新種オランウータン生息地に中国資本でダム建設

日本語でもようやく報道されはじめました、タパヌリオランウータンの生息地でのダム建設。

インドネシア、新種オランウータン生息地に中国資本でダム建設 環境団体の建設中止訴えを裁判所は却下
2019年3月6日(水)20時00分 Newsweek日本版

インドネシアのオランウータンが絶滅危機、生息地にダム建設計画
2019年03月6日 BBCニュースJapan

新種オランウータンが絶滅危機 中国資本のダム計画で
2019.3.8 産経新聞

建設反対の環境団体が敗訴 オランウータン生息地にダム 北スマトラ州
2019/03/11 じゃかるた新聞


現地インドネシア人の保護活動家による、「ダム建設反対をスポンサーである中国銀行に訴えよう!」という署名活動も行われています。
Save Batang Toru and the Rarest Ape in the World

現地のNGOがこのダムが起きるとどんなこと(被害)が起きるかをわかりやすく示した動画を作成しています。
Walhi Sumatera Utara
https://www.facebook.com/walhisumaterautaraa/videos/184179212547556/?t=149

この状況で、日本の四国電力と三井物産が、このダム建設事業への参加を表明…
「インドネシア北スマトラ州における水力発電事業への参画について」
2019年02月28日 四国電力株式会社


今後も新たな情報が得られたら追加します。

"【保全】新種オランウータン生息地に中国資本でダム建設" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント