【研究】オランウータンの肉食に関する知見のまとめ

オランウータンはチンパンジーに比べると肉食をする頻度はとても低いですが、捕食(生きている脊椎動物を捕まえて食べる)を含めていくつか報告があるので、ここでまとめておきます。

スマトラ島では、KatambeとSuaq Balimbingという2ヶ所の調査地で、「生きているスローロリスを捕まえて食べる」事例が複数、報告されています。

Hardus M, Lameira A, Zulfa A, Atmoko SS, Vries H, Wich S. 2012. Behavioral, Ecological, and Evolutionary Aspects of Meat-Eating by Sumatran Orangutans (Pongo abelii). International Journal of Primatology 33(2):287-304.

上記論文の考察に下記のような記載もあります(特定のメスしか捕食行動やスローロリスの探索をしないので、文化的行動ではないか、と)。
Slow loris hunting likely represents a cultural behavior (van Schaik et al. 2003, 2006) and this may explain why some individuals seem to be specialist slow loris hunters, but other individuals of the same population living in the same area do not show the behavior. Yet, whose capture rate is ca. 30 times higher than anyone else’s (van Schaik et al. 2009), is the most dominant female in Ketambe, a status that may not favor social transmission of the behavior in semisolitary orangutans.

ボルネオ島ではオランウータンはスローロリスを見つけても攻撃的でない、という報告があります。
Morrogh-Bernard H, Stitt J, Yeen Z, Nekaris KAI, Cheyne S. 2014. Interactions between a wild Bornean orang-utan and a Philippine slow loris in a peat-swamp forest. Primates 55(3):365-368.

ボルネオ島でリスの死体を食べていた例
Buckley BW, Dench R, Morrogh-Bernard H, Bustani U, Chivers D. 2015. Meat-eating by a wild Bornean orang-utan (Pongo pygmaeus). Primates 56(4):293-299.

これは「捕食」ではなく、「死肉あさり」では?という論文です(生きている個体を捕まえて食べた可能性が低い)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント