【書籍】 野生オランウータンを追いかけて

ついに出版されました、共同研究者というよりも、私の仕事上のパートーナー、相棒の金森さんの本。
脱稿する前から何度か読ませてもらいましたが、本人が「恥をしのんで書いた」と言うぐらい、強烈な、若かりし頃のエピソードが満載です。
私もちょっとだけ出てきます。

おそらく、現在、オランウータンの生態や科学的知見に関して日本語で読める、ほぼ唯一の本です。
(写真集や子ども向けの本はありますが、初学者や研究者が読むに耐えるレベルとしてはほぼ唯一)
日本人が書いた大人向けの専門書としては初(訳書は3冊、出版されていますが)


Amazonではまだ購入できないみたいですが(2013年8月21日現在)、東海大学出版会のWebサイトでは購入できるようです。


「野生のオランウータンを追いかけて」(金森朝子)東海大学出版会



野生のオランウータンを追いかけて (フィールドの生物学 11)
東海大学出版会
金森 朝子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野生のオランウータンを追いかけて (フィールドの生物学 11) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック