【保全】 APP社とOFIの、オランウータン保全の為の新プロジェクト

スマトラ島で、オランウータンやスマトラトラなどが生息する貴重な原生林を伐採してパルプを作っている、と悪名高いAPP社が、オランウータン研究者として有名な、ビルーテ・ガルディカス博士が主催するオランウータン保護団体OFIと共同で、下記のようなプロジェクトを開始するそうです。

地方教育プログラムでオランウータンの狩猟・殺害・捕獲の厳格な禁止を強調

財経新聞 2012-07-31 13:16:00

悪名高いAPP社、このプロジェクトはどの位本気で取り組む気なのでしょうか…
APPが今までに何度もやっている、「グリーンウォッシュ(環境に明らかな悪影響を及ぼしている企業が、他のCSR(社会貢献活動)などをアピールすることで、その行為を隠そうとすること)」のような気がしてなりません。

ちなみにAPP社が原生林を伐採してつくったコピー用紙は、日本でも売られています。
APP社については、下記に詳しい情報があります。

JATAN[熱帯林行動ネットワーク: 使っていませんか? 熱帯産コピー用紙
WWF: APP関連問題



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック