【動物園】 i-Padとオランウータン その4

まだまだまだ続く、このネタ。
今度は、発達障害(自閉症)の人向けに開発されたアプリを使って、ヒトとオランウータンがコミュニケーションできました!というネタ↓

「『オランウータン』ついにiPadで人間との会話に成功する」
2012年05月10日21:00 秒刊SUDNAY

元ネタ↓
Orangutans at Miami zoo communicating with iPads
(↑画像が数枚掲載されている)

Orangutans at Miami zoo use iPads to communicate
(↑一番詳しい)

うーん、でもこれって、霊長研のアイ・プロジェクトの初期段階みたいなものでしょ?
オランウータンの認知能力(賢さ)という点では、新しい発見とはいえないけど(このぐらいできて当たり前)、iPadを使うことで、「動物園でも(研究者じゃなくても)手軽にタッチパネルを使ってコミュニケーションできますよ!」が実現できたということが画期的?

「(ヒトと同じように)年長の個体より、若い個体の方がiPadに関心を示した」とあったけど、多分、ヒトと同じように、(沢山の個体で試せば)関心を示す年長個体もいれば、関心を示さない若い個体もいるはず(何度もいうけど、多摩のジプシーさんは絶対に夢中になるに違いない)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック