【保全】 「オランウータンを殺した4人の裁判始まる、余罪の可能性も インドネシア」

インドネシアで、オイルパーム農園でオランウータンを殺害した容疑で起訴された、インドネシア人3人とマレーシア人1人の裁判が始まったそうです。

--------------------

オランウータンを殺した4人の裁判始まる、余罪の可能性も インドネシア
(2012年02月09日 10:48 発信地:テンガロン/インドネシア)
AFPBB News

--------------------

オイルパーム農園が、雇っているワーカーや外部の人間に頼んで、食害を起こす野生動物を出来高制で殺してもらい(オランウータン1頭殺したら○○ルピア、など)、お金を払っている、という話は以前から知られていることですが、逮捕、起訴されるというのは珍しい。
私が以前、聞いた話では、ワーカーが野生動物の手足など体の一部を証拠として持っていくと、農園の管理者がお金を払ってくれる、ということでしたが、今回のケースでは携帯の写真を証拠代わりにしたために、あしがついたようです。

しかし、こんなことをしているオイルパーム農園で作ったパームオイルが「地球にやさしい植物性」とか「人にやさしい植物性原料使用」とうたっている商品に使われる、というのはおかしい!
そういう矛盾は、オイルパームに限らず、色々な製品・商品についてあるだろうから(タスマニアの原生林を持続不可能な方法で伐採して作ったボードが「地球にやさしい」とうたって、日本で建材として売られている、とか)、常に「この製品(とその原料)はどのように作られているのか」ということを考える消費者でありたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック