【読書】 風の中のマリア

前から気になっていた本を友人から借りて読んでみました。


風の中のマリア (講談社文庫)
講談社
2011-07-15
百田 尚樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風の中のマリア (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



予想以上におもしろかった。
ハチの真社会性について、生物学的にきちんと説明しつつ、そなりにおもしろい小説に仕上がっていた。
「生物学の知識って、こういうふうにも料理できるんだ」とちょっと驚いた。
動物が登場人物になっているだけの小説やお堅い科学エッセイ、動物が題材のノンフィクションなどいずれとも一線を画した作品。
ただ、生物学的な解説と、ハチの擬人化のバランスについては、人によって好みはわかれるかも。

一部、内容が時代遅れになってしまった(今となっては科学的に正しくない)、コンラート・ローレンツの「ソロモンの指輪」よりは、今ならこの「風の中のマリア」を、子どもや若い人にはすすめたいかも。


ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
早川書房
コンラート ローレンツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック