【育児】 母乳相談(豊島産婦人科と離乳食)

今日は初めて、助産師さん(I先生)による母乳相談を受けて来ました。
内容は乳房の診察とマッサージ+母乳や子育てに関するカウンセリング。
ちょっとびっくりしたのは、I先生も私と同じ杉並の豊島産婦人科で出産していたこと(20年以上昔)。
当時はI先生以外に入院していた人がいなかった、というぐらいガラガラの状態だったらしい。
「今はインターネットの口コミで評判がいいので、妊婦さん多いですよー」と言ったら驚かれました。

I先生には「あなたのお産の時の状態だと、普通の産院や総合病院の産科だったらまず帝切(帝王切開)だったわよー豊島さんだから経膣分娩できたのね。」と言われました。
「昔は逆子では帝切しなかったから、豊島先生ぐらいの世代の産婦人科医なら、難しいお産でも鉗子とか吸引とか色々やって、帝切しないで出産させる技術を持っているけど、今の若い先生達はそういう経験ないから、すぐに帝切になっちゃうのよ。」とのこと。
もちろん、帝切の方がリスクが少ないとか色々あるのだろうけど…
豊島先生は業界?のプロが認める、プロ中のプロなんだなーと改めて実感しました。


肝心の私の母乳に関しては、今のところ問題はないけれど、少し出過ぎなので、授乳の方法を改めるように言われました(片側2~3分にして、1回の授乳で左右両方の乳房から授乳する)。
4月から娘を保育園に預けた場合には、昼休みに圧抜きをする程度で、搾乳をしない方がいい。
赤ちゃんに冷凍母乳を用意する必要はない、離乳食(ご飯)を食べさせてもらえばいいから、とのこと。

母乳で育った赤ちゃんは(顎などの咀嚼器が鍛えられているので)軟らかい食べ物を与える必要はない、とも言われました。
実際、娘もやわらかい物より固い物を好むので、やっぱり!という感じ。
「おかゆでなくて、おにぎりとかちょっとやわらかいご飯をあげればいいのよ。」とも言われました。
私が娘を実家に預けて出掛ける時も、もう冷凍母乳は必要なくて、おにぎりとかを食べさせればいいと聞いて、ホッとしました(搾乳するのも結構大変なので)。


一般的なあのドロドロ食から始める離乳食って、基本的にミルク(哺乳瓶)で育った低月齢(6ヶ月未満)の子に食べさせる為のものなんだなぁ、やっぱり。
哺乳動物としておかしいって、あんな全がゆをさらに裏ごししたような食べ物なんて。
母乳を吸うのに鍛えられた顎をもってすれば、母乳からいきなり固形食でもいけるよね、やっぱり。
もちろん、誤飲や誤嚥は注意しないといけないけど、基本的な栄養は母乳からとりつつ、固い物をちょっとづつかじるというのは、哺乳動物として正しいあり方だと思う。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

岩田です
2010年01月21日 09:25
そうなんだ~。この情報はもっと流布されるべきですねえ。(でも、ちゃんと見ていない親だと死にかねないから、訴訟になっちゃうかも)疑問解決ですね。
nouko
2010年01月23日 09:03
岩田さんこんにちは。
娘を見ていると、つまらせながらも、吐き出し方とか段々上手くなってきているように思います。
こうやって練習しておくと、どのぐらいの大きさ・硬さの物なら自分の喉を通るのか学習できて、かえって誤飲の防止にもなるかも、と思いました。
もしかして、赤ちゃんの誤飲が多い一因って、大きな食べ物かじって食べる経験が少ないせい??なんて思ったり。

この記事へのトラックバック