【テレビ】スマトラ島のオランウータン(世界遺産)

TBSの世界遺産という番組で「スマトラの熱帯雨林遺産」が取り上げられます。
スマトラ・オランウータンの貴重な生息地でもある熱帯雨林なので、オランウータンも当然撮影されているようです。
以下、詳細

-----------------------------------
世界遺産
01/06 後11:45~深00:15 毎日放送(MBS)
 ナレーター/中村勘太郎
 開発に脅かされるインドネシア・スマトラ島の熱帯雨林を取り上げる。かつてスマトラは島全体が森に覆われていた。しかし、ここ100年余りで島全体の8割ほどの森林が失われてしまった。残された森の多くは世界遺産に登録されているものの、隣接する森では今も伐採が続いている。森が守ってきたオランウータンやスマトラゾウなど、貴重な動物も絶滅の危機にひんしている。

URL: http://www.tbs.co.jp/heritage/feature/fe_0712_2.html

-----------------------------------

<感想>
今までTBSの「世界遺産」ってまともに見たことがなかったのですが、今の日本では珍しく、それなりの資金と人材を投入している教養番組ですね。
特に昆虫の映像は、日本らしい繊細なもので、(映像技術という面では)BBCやナショジオとも互角に戦えるレベルでしょう。

演出もよく出来ていて、リハビリテーションセンターの見せ方は上手い!
スタッフの膝の上で寝てしまった赤ちゃんのオランウータンの寝顔。
百聞は一見にしかず、というか、映像がもつ力を改めて感じさせられた一幕でした。
どーして他の番組では、バカの一つ覚えのように、若い女性タレントにオランウータンの赤ちゃんの世話をさせるのか。
とりあえず私が今まで見たリハビリテーションセンターを紹介する番組の中では、1、2を争う良い出来でした。

トラの毛皮の見せ方も秀逸。
どこまでが本当でどこからが演出(アイデア)なのかわからないですが、裏庭のポリバケツから見事な毛皮が出てくるのは、意外性もあり、よく出来ていた。

日本の教養・ドキュメンタリー番組(特に自然科学もの)の質の低下には、がっかりするばかりだったのですが、少し見直しました。
まだこんな番組もあるんだなぁ。

2007.1.10 追記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

岩田です
2008年01月10日 12:36
見ました、国立公園の中なのに、知事の許可を取って木を切っているという男の人が出てきて、愕然としました。
nouko
2008年01月10日 14:44
コメントありがとうございます。
あれでも、インドネシアの違法な森林伐採は、昨年から下火になってきているそうです。
少し前までは違法伐採の現場の撮影なんてできない(マフィアなども暗躍して組織的に行われていたから)ほど危険な状態でしたが、最近はそうした組織も摘発されるようになったそうです。
しかし取締の手が弱まれば、またもとのように大規模な違法伐採が行われてしまうのでしょう。

この記事へのトラックバック