【後日談】オランウータンの保護活動のVTR放映

昨年、下記のようなブログを掲載したところ、今年になって、当該のテレビ制作会社の方(私と直接やりとりしたスタッフの上司にあたる方)から連絡がありました。
本来なら監修料を払うべきところを、大変失礼なことをしてしまって申し訳なかった、と丁寧な謝罪があり、監修料もいただきました。
なんでも別な会社で働いている人が私のブログをたまたま見て(その人も別な番組の関係でオランウータンについてリサーチしていたのでしょう)、その上司の人に教えてくれたそうです。
これは私がブログに書いてなかったら、埋もれてしまったことだったので、本当に書いてよかったです。
私としても、このぐらいの仕事なら、これだけの報酬をもらって当然、という基準を少し知ることができたので、いい勉強になりました。
これからは、テレビ業界相手では何を言っても無駄、とあきらめずに、言うべきことは言おうと思います。

最近も 「ZOOKEEPER」の作者の方から連絡がきたし、ブログって偉大な情報ツールだなぁ(もう少しマメに更新すべきだな)。
(2008年4月13日追記)

-----------------------------------------
下記の番組で世界的なオランウータン保護団体BOS(Borneo Orangutan Survival International)がカリマンタン(ボルネオ島インドネシア領)で行っている、オランウータンの保護活動の様子が放映されるそうです。

9月3日(月) 夜8時~ 日本テレビ系列 「世界まる見え!テレビ特捜部

じつは、VTRの監修をして欲しいと言われて、いくつか質問にも答え、ナレーション原稿をチェックしました。
しかし原稿を送り返して以来、音沙汰がない!
なので、本当にこの日に放映されるかどうかもわからないのですが、一応、お知らせまで。

そもそもテレビ制作会社からオランウータンに関する質問が、毎月1~3回くらいあるけど(電話かメール)、こちらそれなりに回答しても、音沙汰がない場合がほとんど。
企画段階だと、企画が通ったかどうかも教えてくれないし、制作段階でも、放映日も教えてくれない。
もちろん、稀に良心的に報告をくれる人もいるけど、少数派。

これで「ねつ造」番組に勝手に名前出されたりしたら、そりゃあ、研究者も怒るって。
そういうものに当たらないことを願いつつ、今のところはまだ律儀に毎回、回答していますが、あまりにひどい目にあったら、やめるかも。
しかも、資料とか送っても、ノーギャラですよ。
それとも、まだ私が研究者としてはぺーぺーの若造だからこういう扱いを受けるのであって、「○○大学教授」とか肩書きがあれば違うのかなぁ。
お金の問題というより、誠意が感じられないところがやる気をそぐ(適当に利用された上に使い捨て、みたいな)。

制作会社の為というより、視聴者の為と思ってやっているのですが、毎回後味悪いので、同じことを続けるか否か考えてしまいます。しかも今ならインターネットという手軽な情報発信手段もあるし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2007年09月02日 21:18
一応、放送されるみたいだよ。

9/3(月)20:00~、日テレ
「世界まる見え!テレビ特捜部」にて…
インドネシアでのリハビリテーションの話らしいけど。

以下のURLで、次回予告の欄に記載アリ。
http://www.ntv.co.jp/marumie/
orangutansmomo
2007年09月02日 23:22
こんにちは。
何事も誠意って大事ですよね。
研究頑張ってください。
応援しています。
nouko
2007年09月03日 11:44
orangutansmomoさん、コメントありがとうございます。
応援してくれている人の声がきけると、はげみになります。
ゴスペルママ
2007年09月03日 21:09
初めて書込みします、このブログの事は先月頃ご家族からうかがいました。今、テレビでやっていましたよ。オシメしてる1歳のオランウータンの赤ちゃんがすごくかわいくて、思わず救ってあげたいと誰でも思ったと思います。
不誠実な仕事ぶりは近年経験します。日本の未来が不安です。その前に地球の未来も‥‥
たけちゃん
2007年09月19日 10:24
テレビ局の、とくにバラエティ番組の取材は僕も経験ありますが、まったくひどいものですね。

某局から電話で「これこれこうだと言ってください」とリクエストされたことがあります。でたらめな内容だったので、「私はその説には納得ゆかないので話せません」とお断りしたら、「なぜ納得できないのか」「そうだという可能性は否定できないではないか」など20分くらいしつこくからまれたことがあります。

その後、捏造事件などが次々とあかるみに出たので、あのとき断っておいてほんとうによかったと思います。

ちなみに、その取材のときは、むこうは番組名すら名乗りませんでしたね。特番か何かだったのかもしれませんが。
nouko
2007年09月25日 18:23
ゴスペルママさん、たけちゃんさん、コメントありがとうございました。
9月はメチャメチャ忙しかったので、ブログをさわる時間もなく…すいません。

しかし、たけちゃんさんの経験した話、ひどすぎ!
世の中にはそんなひどい仕事をするテレビ制作者がいるのか…
私の経験は、まだまだマシな方だということがわかりました。

この記事へのトラックバック

  • 【テレビ】 「世界まる見え!TV特捜部」 再放送

    Excerpt: 2年前に世界まる見え!TV特捜部で放映された「「SOS オランウータンの森を守れ」というVTRが再放送されるそうです。 Weblog: オランウータン・ブログ racked: 2009-07-16 20:41
  • 【テレビ】 失礼な取材(愚痴)

    Excerpt: 今週、某テレビ局から取材の電話があったのですが、ひどい対応で腹が立ちました。 ここで少し愚痴を吐かさせてしまらおうと思います。 Weblog: オランウータン・ブログ racked: 2009-12-12 10:42