ボルネオ島(インドネシア)の森林火災

ここ数日、インドネシアの森林火災でオランウータンが多数死亡、との報道がパラパラでています(例えばサンスポCNN.co.jp)ので、簡単に報告と情報源を載せておきます。

火災が起きているのはカリマンタン(ボルネオ島のインドネシア領)とスマトラ中部~南部です。
サバは煙害の被害を多少被っているようで、サバ州、サラワク州などマレーシア領内では大規模な火災は発生していません。
火災の最新の状況は、以下のシンガポールの気象庁のサイトで確認することができます(こういうサイトがあること自体、いかに周辺国がインドネシアの森林火災で被害を被っているかの証明でしょう)

HAZE MONITORING

※同サイトの9月のデータを見ると、今より9月の方がずっとひどかったことがわかる。

火災の原因は、アブラヤシの大規模な農園や村人が農地を開墾するために火を入れたのが泥炭湿地に拡大し、消火が困難なようです。
しかしこの火災、最近発生したのではなく、9月からずっとですよ。
むしろこのところは少し下火になっている位。
そして今年だけでなく、ここ数年、毎年起きてます。
毎年、カリマンタンとスマトラでは同じように大規模な火災が起きて、周辺諸国は健康被害が出るほどの煙害に苦しんでいます。
このままの状態が続けば、2020年には中央カリマンタンのオランウータンはほとんど全滅してしまうだろうとWWFが予測しているけど、本当にそう思う。

カリマンタンでリハビリテーションセンターを運営しているNGOのBOSはすでに120頭以上収容したと報告しています(そのうち10数頭はすでに死亡)。
詳しくは以下のBOSのサイトを参照↓

1000 Orangutans die this dry season


ガルディカス博士がオランウータンの保護活動を展開しているタンジュンプティンでも、国立公園内で火災が続いていて、NGOと地元住民で消火活動をしているそうです。


ところでこのサンスポの写真、セピロクの血縁関係のない若い雄(PAT)とコドモの雌(MICO)が抱き合っているのを「親子」って…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック