オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【研究】 マレーバクの分布の変遷&東南アジアの大型動物相の変化

<<   作成日時 : 2013/04/17 13:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マレーバクが数百年前までボルネオ島(に生息していたとは知らなかった…
しかもボルネオ島へのマレーバクの再導入を提案しています、この論文。

Cranbrook Eo, Piper PJ. 2013. Paleontology to policy: the Quaternary history of Southeast Asian tapirs (Tapiridae) in relation to large mammal species turnover, with a proposal for conservation of Malayan tapir by reintroduction to Borneo. Integrative Zoology 8(1):95-120.

東南アジアにおける、マレーバク以外の大型哺乳類(含むオランウータン)化石の出土状況がまとめられているので、東南アジアで大型哺乳類を研究している人は、読んでおいた方がいい論文かも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【研究】 マレーバクの分布の変遷&東南アジアの大型動物相の変化 オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる