オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【研究】 論文が出版されました

<<   作成日時 : 2011/12/02 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日、マレーシアから帰国してメールをチェックしたところ、この前2年越しでアクセプトされた論文が、オンライン・ファーストで公開された、という知らせが来ていました。

Noko Kuze, David Dellatore, Graham L. Banes, Peter Pratje, Tomoyuki Tajima, Anne E. Russon
"Factors affecting reproduction in rehabilitant female orangutans: young age at first birth and short inter-birth interval"
Primates, DOI: 10.1007/s10329-011-0285-z


タイトルの日本語訳「リハビリタントの雌オランウータンの繁殖に影響する要因:若い初産年齢と短い出産間隔」

セピロク(ボルネオ)、タンジュン・プティン(ボルネオ)、ブキット・ラワン(スマトラ)、他計7箇所のリハビリテーションセンターおよびリイントロダクションセンターで成長した雌のオランウータンの、繁殖に関する論文。
基本的にはリハビリテーション・リイントロダクション事業の改善の為に行った研究としていますが、オランウータンの出産間隔が個体群によって違う(6〜9年)要因についても、言及しています。
雌の栄養状態など、定量的なデータがほとんどないので、考察で深く突っ込むことはできませんでしたが、繁殖スピードの遅いオランウータンに関して、これだけまとまった繁殖のデータが一度に発表されるは、(飼育下をのぞくと)初めてだと思います。

この仕事の発展版の構想はあるのですが、その前にやらなければならないことも盛り沢山。


明日、明後日は娘の保育園のイベント。来週は来日しているマレーシア人の友人一家に会いにいくし、休む間ないなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おめでとうございます。
子育てと研究の両立、ご家族の支援なくしては成り立たない日本の現状が、次の世代には改善されていると良いですね。フロントランナーとして、無理はしてほしくないですが、頑張って下さい。
イワタです。
2011/12/03 13:03
イワタさん、いつも応援ありがとうございます。
フロントランナーというほど仕事してませんが、できるとこまで頑張りたいと思います。
nouko
2011/12/05 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
【研究】 論文が出版されました オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる