オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【保全】 オランウータンが食用に カリマンタン島

<<   作成日時 : 2011/11/15 16:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

10日ほど前に、下記のような日本でも報道があったようです。

---------------------------------

(1)インドネシア:オランウータンが食用に カリマンタン島


 【ジャカルタ佐藤賢二郎】インドネシア・カリマンタン島で住民が、絶滅の危惧があるオランウータンを殺している実態が明らかになった。多くは食用のための捕殺で、米国の環境保護団体「ザ・ネイチャー・コンサーバンシー」(TNC)は過去に計691頭が殺されたとする調査結果を公表した。

 調査はTNCを含む計19団体が08年4月から翌年9月にかけ、カリマンタン島の計698集落(住民約7000人)を対象に実施した。1日に発表された調査結果では、殺した理由は食用が半数を超え、襲撃される恐れがあるため▽肉から伝統薬を作るため▽ペットとして販売する子供のオランウータンを捕まえるため−−など。殺した時期は不明。

 オランウータンはインドネシアのカリマンタン、スマトラ島にのみ生息。パーム油の原料となるアブラヤシ農園の大規模開発や違法伐採などで生息地の熱帯林が激減した影響で、世界自然保護基金(WWF)によると、カリマンタン島の生息数は現在約5万頭と60年前に比べて半減した。

 TNCのプロジェクト担当者は「環境破壊で生息地を追われたオランウータンが集落に近づき、人間との摩擦が増大している」と指摘。「現在生息地の3割しかない保護区を拡大しなければ絶滅してしまう」と訴えている。


毎日新聞 2011年11月7日 10時27分
---------------------------------


元ネタを確認してからブログに載せようと思っていたら、遅くなってしまいました。

元ネタはおそらくこちら
(2)Report: Orangutans Killed for Meat in Kalimantan
※国際自然保護連合(IUCN)の大型類人猿保全計画(GRASP=GReat Apes Survival Project)のレポート

調査行った自然保護団体(The Nuture Conserves)のサイトでオリジナルのレポートを探したら、見つかった情報はコレだけ↓
(3)Borneo's Endangered Orangutans Pay Price of Progress
(ネット上の情報とは別に、会員向けに発行しているレポートかニュースレターのような物もあるのかも)

(3)の内容は(1)と(2)とは微妙に違っていて、(1)、(2)では地元住民が生活の必要に迫られて(肉&現金を求めて)オランウータンを密猟している、という内容だけど、(3)だと、「オイル・パーム農園を経営する会社が、農園でのオランウータンによる食害を防ぐ為に、農園労働者や周辺住民に、オランウーウータンの密猟を奨励している」といった内容になっている。


実際、同じボルネオ島のマレーシア領内では、オランウータンをもともと食用にしていた民族が住んでいる地域では、森が残っていてもオランウータンはすでに絶滅している(サラワク州の大部分の地域、サバ州西海岸)。
こうした「今はオランウータンが絶滅した地域」に住んでいる先住民の言葉の中には、オランウータンの性・年齢などを区別して、それぞれ別の名前(単語)をあてていたり、オランウータンにまつわる伝承なども残っているので、オランウータンと長年ともに暮らしていたはずなのに、最近、絶滅した可能性が高い。
おそらく銃などの近代的な武器を使うようになって、あっという間に狩りつくされたしまったのだろう。
(以前は吹き矢や弓などの伝統的な方法で狩猟していた狩猟採集民も、今ではみんな銃を使っている)

オランウータンは繁殖のスピードがとっても遅いので(初産年齢は15〜18歳、出産間隔は6〜9年)、狩猟圧が1%/年以上なら、あっという間に絶滅する、と言われている。


どちらかというと、今だにオランウータンが生息している地域では、先住民がもともとオランウータンを食用していなかった(例:サバ州東海岸のイスラム教徒が住む地域など)場合が多いので、最近急速に数を減らしている地域というのは、地域住民が食用目的で密猟しているというよりも、オイルパーム農園が密猟を奨励している、という圧力の方が大きいのではないか、と個人的には思います。
一方で、カリマンタン(ボルネオ島インドネシア領)にはここ数十年で、インドネシアの他地域から移住してきた他の民族も多いので、こうした人達がオランウータンを食用にしている可能性もあるかも。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【保全】 カリマンタンでは年間750〜1800頭のオランウータンが殺されている!
カリマンタン(ボルネオ島インドネシア領)で、地元住民を対象に行った、オランウータンの保全に関する大規模アンケート調査の研究論文を見つけました。 ...続きを見る
オランウータン・ブログ
2012/01/13 14:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【保全】 オランウータンが食用に カリマンタン島 オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる