オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【研究】 ボルネオ・オランウータンでは群れ飼育はストレスなのか?

<<   作成日時 : 2011/04/19 05:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久々にオランウータン・ネタ。

「野生では単独性が強いボルネオ・オランウータンにとっては、(野生ではより集団になることが多い)スマトラ・オランウータンよりも、飼育での群れ飼育はストレスになるようだ。」というような論文が出版されました。

"Species-specific patterns in fecal glucocorticoid and androgen levels in zoo-living orangutans (Pongo spp.)
Purchase
"(飼育下オランウータンの糞中糖質コルチコイドと雄性ホルモン濃度の種特有のパターン)
Tony Weingrilla, Corresponding, Erik P. Willemsa, Nina Zimmermannb, Hanspeter Steinmetzc and Michael Heistermannc
General and Comparative Endocrinology online first (doi:10.1016/j.ygcen.2011.04.008)

ヨーロッパの動物園計29園で飼育されているオランウータン(雌73頭、雄38頭)の糞中の糖質コルチコイド(ストレスの指標になるホルモン)と雄性ホルモンを測定して、種差・群れサイズ・年齢・繁殖状態(雌)・オトナ雄の有無、との関係を調べた。ボルネオ・オランウータンの雌雄は、スマトラ・オランウータンと比べて、群れサイズが大きくなると糖質コルチコイドの濃度がわずかに上昇していた。雄の雄性ホルモンは、スマトラ・オランウータンに比べて、ボルネオ・オランウータンで高かった。
スマトラ・オランウータンの方が群れでの飼育の適しており、両種の社会環境に対する反応は、遺伝的に異なっている可能性が高い、と結論づけています。
本文はまだ読んでいなくて、ざっと要旨を読んだだけですが、なかなか興味深い内容です。
今は超忙しいので、一段楽したら、本文もきちんと読んでよみようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【研究】 ボルネオ・オランウータンでは群れ飼育はストレスなのか? オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる