オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【育児】 急がばまわれ

<<   作成日時 : 2011/03/01 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、自己主張が強くなってきた娘に対応していると、「育児って本当に『急がばまわれ』だな〜」と感じることが多い。
この前も、保育園に登園する前に通帳が入ったケースをみつけてしまい、「返して」「イヤ!」の応酬に…
(普段は手の届かない所にしまってあるが、この日は保育園に送り届けた後、銀行に行く予定があったので、うっかり手近な場所に置いておいた為に、とられてしまった)

辛抱強く「それが欲しいのはわかるけど、大事な物だから返してね」と言い続けると、娘は泣き始め(泣きながら「イヤ!イヤ!」の繰り返し)、最後は玄関の床にケースを置いて、靴箱を開け始めたので、そこですかさず取り返しました。
取り返されたとわかったら案の定、泣いていましたが、「保育園行こうねー」と言ってそのまま家を出ると、すぐにケロッと機嫌よくなりました。

どうやら、「イヤ!イヤ!」と言いながら泣いていた時も「返したいけど、返したくない」という葛藤が本人の中であったようで、床にケースを置いた時点で八割方、本人もあきらめていたようです。
ある程度自分も納得したうえだったので、取り返されてもその後大騒ぎしなかったのでしょう。
これがケースを持った途端に力づくで取り上げていたら、その後も延々とぐずっていたかも。

保育園や育児書(雑誌)によくある「こどもの気持ちに添う」ということは、こういうことなのかなーと少し思いました。
「どうせこの状態が1時間も2時間も続くわけじゃないし」と思って構えていると、娘が駄々をこねていても気長に待つにはそんなに苦ではありません。
これもオランウータンの調査で鍛えられた、「忍耐力」のおかげか(苦笑)
でもホント、オランウータンの調査をしてなかったら、以前の私ならこんなに待てないよなーと思うことは時々あります。

もちろん、待てるのは自分の心に余裕がある時。
余裕がない時は、「そんなことしても、かえって後が面倒なだけ」とわかっていても、無理矢理取り上げたり、突き放した物言いしたりしてしまいます。
心に余裕のある暮らしを続けたいですが、この先はどうなることやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【育児】 急がばまわれ オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる