オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【育児】 西原式育児法

<<   作成日時 : 2010/07/02 10:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

離乳食について色々調べていた時にみつけたのですが、「離乳食の開始は1歳を過ぎてから。タンパク質を与えるのは2歳を過ぎてから。」という育児法があるそうです。

西原博士のかしこい赤ちゃんの育て方

西原ワールド赤ちゃん相談室だより

なぜこんなに離乳食の開始を遅くするかというと、

・赤ちゃんの腸は消化能力がほとんどなく、2歳半頃までは未完成で目の粗いザルのようである
・腸の消化機能が未熟な乳児期に離乳食でタンパク質を与えると、タンパク質は大きな分子のまま直接腸壁を通り抜けて血液の中に入ってしまう
(大人では、タンパク質は小さな分子のアミノ酸に分解されてから腸壁を通り抜ける)
・血中の免疫システムが「異種タンパク質」に対し、自動的に時間をかけて「抗体」を作り出してしまう
・その後に同じタンパク質を摂ると抗原抗体反応=アレルギー症状が起きてしまう

という理屈だそうです。
また西原式育児法では、離乳食だけでなく、「鼻呼吸」の重要性が強調されています。

・吸い込ん空気中のウィルスや異物は、鼻の中と鼻の奥の扁桃腺で除去される(空気の浄化)
・口呼吸だと、こうした異物を除去する仕組み働かないので、そのまま体内に入ってしまう

赤ちゃんにはおしゃぶりをくわえさせることで、常に鼻呼吸をするように促すべきだ、とされています。
ちなみに早い離乳食は、口呼吸を促すので、そういう点からもよくない、とされています。

なかなか説得力のある説ですが、保育園に預ける場合、これを実践するのは難しいでしょう。
周囲の理解を得るのも大変そう。

個人的には、「(母乳・人工ミルク以外の)食べ物を口にさせない」、という考え方には疑問を感じます。
サルを見ていても、人間の赤ちゃんの好奇心旺盛な様子を見ていても、消化能力が整う前に、食べ物を口に入れようとするのが普通なので、その機会をとりあげてしまうのが、はたしていいのか。
サルや昔のヒトの食べ物は、固くて食べにくい食べ物も多いので、赤ちゃんが口に入れても、腸まで達するようなことは少ないでしょう。
けど、今の大人の食べ物が、軟らかくて食べやすいものばかりなので、赤ちゃんが口に入れると、最終的に腸壁まで達してしまう可能性は高い。
だからやっぱり制限しないといけないのか…

それから西原式育児では「歯が生えているかどうかは、離乳食とは関係ない」、としている。
確かに歯の生える時期は、個人差が大きいけど、1歳で奥歯が生えている子はまずいないので、奥歯が生えているかどうか、は一つの目安になると思うのだけど。


西原式を実践するのは大変だろうけど、両親がアレルギー体質の場合や、赤ちゃん自身もアレルギーがある(ありそう)、という場合は、このぐらい慎重に離乳食をすすめるのも、一つの方法かな、と思いました。
もちろん、これをやれば絶対にアレルギーにならない、というものではないと思うし、西原式を実践しなくてもアレルギーにならない子も沢山いるでしょう。
でもこういうことって、ケースバイケースなので、やってみないとわからない。
とりあえずマニュアルに従うよりも、赤ちゃんの様子をよく観察しながら、試行錯誤することは大事かな、と思います(育児全般に言えることですが…)。

離乳食は、これから80年近く続くであろう、赤ちゃんの一生の健康に関わることなので、真剣に取り組むに値することだと思います。
子どもが生まれるまで、そんなことは考えたこともありませんでしたが…


「赤ちゃん」の進化学―子供を病気にしない育児の科学
日本教文社
西原 克成

ユーザレビュー:
妊娠したら読むべき本 ...
論理的で読みやい理路 ...
小児科医いわく「不勉 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【育児】 離乳食、幼児食まとめ
一時期、離乳食にかなりこだわって、このブログでも色々記事を書いていたのですが、2010年7月に離乳食の記事を書いて以来、離乳食のことはほとんど話題にしてなかったので、ここでまとめ記事を1回書こうと思います。 ...続きを見る
オランウータン・ブログ
2012/06/04 10:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サイバラ式ではなく…
http://www.toriatama.net/

ニシハラ式の育児方なのですね。
…ヨカッタ♪
読み方ひとつで大違い?!
Satoru
2010/07/03 14:54
早速西原先生の本、読んでみます。↑のコメントも、そうだ、そうだと感じる点がありましたので。うちのJr.のアレルギー反応(主に口のまわり)も、もしかしたら早すぎる離乳食ばなれによるものかも知れません。情報ありがとうございます。
MaMiMu
2010/07/05 16:28
こんにちは
ネットサーフィンしてて辿り着きました。
中学・高校と同級生でした☆
うちにも3歳と6ヶ月の二人の子供がいます。(今は二人目の育休中)です。上の子は地元の保育園に通っているよ。
子供を持って働くって・・・正直とても大変!
お互い頑張ろうね。ちなみに私は高校3年の時は女性が8人しかいないクラスでした。(たぶん,これで誰だかわかるはず・・・)
お互いほどほどに頑張ろうね♪

それでは,また
ひろぴょん
2010/07/06 10:27
Satoruさん、MaMiMuさん、ひろぴょんさん、コメントとありがとうございます。返信が遅くなってしまってすいませんm(__)m

>Satoruさん賛否両論ある育児法なのであえて「サイバラ式」という人もいるみたいです。

>MaMiMuさんダメもとで、あやしいと思う食材を除去して様子を見るのは、一つの方法かと思います。

>ひろぴょんさんヒントとニックネームから大体想像つきました!結婚されたということは風の便りに聞いていましたが、もう二人もお子さんがいるんですね… 一人でもすでにいっぱいいっぱいの私には、子どもが2人もいる生活なんて、想像すらできません(苦笑)
nouko
2010/07/07 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
【育児】 西原式育児法 オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる