オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【育児】 ECと離乳食の近況

<<   作成日時 : 2010/04/02 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

EC(トイレットコミュニケーション)は相変わらず続いていて、1日の排泄の5〜8割はオマルでキャッチできるようになりました。
この前の京都出張の時には、一緒に寝ていたおばあちゃん(私の実母)を、娘は夜中に頭突きで起こして、トイレに連れていってもらっていました
「お父さんを頭突きで起こした話は聞いていたけど、私まで起こされたわー」とおばあちゃんも感心するやらあきれるやら。
この前、父を起こしたのも、偶然ではなくてある程度意図的な行動だったようです。

保育園に行くと、当然保育士さんには娘をトイレに連れていってもらうことは頼めないのですが、娘が通う保育園はオムツを使わないで、布パンツをはかせる、というちょっとかわった保育方法をとっています。
これはオムツはずしのトレーニングの為ではなく、「オムツは動きにくいから」という理由だそうです。
寝返り、ハイハイができる子は基本的にオムツではなく、布パンツ。汚れる度に保育士さんが着替えさせてくれます。
その代わり、着替えを大量に用意しなければなりません。

最初に布パンツでオシッコやウンチをしたら、本人もきっと驚くことでしょう。
ひょっとしたら娘は、家でも紙オムツを嫌がって、布パンツをはきたがるようになるかも…


離乳食は、娘は一口サイズのおにぎりが大好き!
細かく刻んだりつぶした野菜をスプーンであげてもほとんど食べないので、最近は、野菜はおにぎりに混ぜて食べさせています。
あとは大きめに切って煮た野菜を、手づかみで食べています。
同じ野菜でもスプーンでは食べないのに手づかみなら食べる娘。
「食べさせられる」より自分のペースで「食べたい」のでしょうか。

離乳食をゆっくりすすめ保育園なので、これから徐々に動物性タンパク質などをあげていくことになりました。
ちなみにこの保育園、食育に熱心な園で、園児が畑で作った野菜なども給食に使われるそうです。
(畑の中に園舎があるような環境です)
素材本来の味を大事にする方針で、加工食品や添加物が入った食品、スパイスなどはほとんど使わないので、カレーも基本的には給食では出ないそうです。
せっかくなので、こうした園の方針を活かしながら、子育てしていきたいな、と思っています。
それにこういう食生活なら、熱帯雨林破壊の元凶、植物油脂(パームオイル)を使わなくてすむし!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な保育園ですね。そんな所があるんですね〜。
手で食べる方が子どもが好きという事は
育児書で見ましたよ。うちのはこだわりが無い人だったからスプーンで食べたから、フィンガーフード余りしなかったなあ。個人差がホント大きいですね小どもって。
最近キッズスキルというフィンランドからきた、子供の問題解決法?を知りました。一緒にどうやったら出来るか考えて小さなステップでやる感じです。
岩田です
2010/04/03 00:13
岩田さん、いつもコメントありがとうございます。
返事が遅れてしまってすいません。
「キッズスキル」おもしろそうですね。時間のある時に調べてみたいと思います。
nouko
2010/04/11 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【育児】 ECと離乳食の近況 オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる