オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ニュース】 オランウータンの新生息地発見

<<   作成日時 : 2009/04/14 08:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

Yahooででましたね。このニュース。

オランウータンの新生息地発見=インドネシアの森林、最大5000頭か

私は知り合いに10日前に教えてもらいました。

Rare dolphin and orangutan species found deep in the jungles of Bangladesh and Borneo


ちなみに元ネタの自然保護団体The Nature Conservancyはこちら
(オランウータンの動画あり)

でも発表の骨子って、「東カリマンタンの奥地の石灰岩山地でオランウータンの巣(ベッド)が219個みつかりました。」ってだけなんだよなぁ。
まだ開発されていない地域で、人工密度も低いから、最大5000頭ぐらい生息しているかも、という話だけど。
確かにこの地域(ボルネオ島の脊梁山脈)は、オランウータンの分布の空白地帯とかんがえられていた場所ではある(昨年発表された、最新のオランウータンの分布に関する論文でも、この地域は空白)。
オランウータンは標高1000m以上の場所で定住するのは難しいだろうと言われているので、今、仮にその山脈に(よそから逃げ込んできた)オランウータンが生息していたとしても、5年、10年、50年と存続可能かどうかはわからない。

ちなみにこの団体、2002年にも同じような発表してます。

Orang Metropolis Uncovered

東カリマンタンのBerau県で新しいオランウータンの数百のネストを発見したとか。

こういう発表で、自然保護団体が宣伝的にやることも多いから、どうなのかなぁ。
今回の報告を書いているErik Meijaardはオランウータンの専門書を研究者と共同執筆している人で、私もちょっとだけ会ったことがあり、そこそこ信頼できそうな気はするけど。
2002年の話のように、フェードアウトして続報なし、みたいにならないことを期待したい。

<追記>2009/04/14
新・むかろぐにもこのニュースに関するコメントが掲載されました。
「ベッド」の数をもとにした推定数のいい加減さがよくわかります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オランの新生息地発見???
Nokoさんのブログにもあるが、こんな記事が。 オランウータンの新生息地発見=インドネシアの森林、最大5000頭かhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000159-jij-intちょっと前に、コンゴで数万頭のゴリラ生息地がみつかったという報告もあ... ...続きを見る
新・むかろぐ
2009/04/14 10:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ああそういう測定法なのか〜。
「オランウータンに森を返す日」には
カリマンタンのオランの話が出ていますが
カリマンタンと呼ばれる地域は広いのですね…。
オラン以外にもいろいろいるのでしょうね。
アオキ
2009/04/14 17:25
アオキさん、コメントありがとうございます。
東カリマンタンには、20世紀初頭までスマトラサイが生息していたそうです(東カリマンタンのクタイ国立公園は、もともとスマトラサイを保護する為に設立された保護区だそうです)。
でも今は、スマトラサイはこの地域から絶滅しています(ボルネオ島の北部のサバ州にだけ、50頭程度生息しているだろうと言われています)。
東カリマンタンは、今もっとも開発(森林伐採)が盛んな場所なので、オランウータンだけでなく、マレーグマやテナガザル、ウンピョウなど多くの動物が、生息地を追われているのだろうと思います。
nouko
2009/04/16 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ニュース】 オランウータンの新生息地発見 オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる