オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 調査地のマイカー

<<   作成日時 : 2006/10/04 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回の調査中に、意外な趣味をみつけた。
それはカー・ラリー!
今回車を借りて調査地と近くの研究所(DVFC)を往復して、未舗装道路を四駆マニュアル車で走る楽しさに目覚めた。
道の状況を見極め、今出ているスピードを考えて、ギアを変えるのはゲーム感覚でおもしろい!
調査中のいい気分転換になりそう。

それはそれとして、やっぱり調査のためにも車が必要、ということは痛感した。
車を使えば調査する範囲も広げられるし、DVFCから車が来るのを待たなくても済むので調査の効率もあがる。
しかも最近の原油価格の値上がりで、DVFCの車の送迎代も値上げされて、負担ずっしり。

問題はどうやって車を手に入れるか。
レンタカーは今回試してみて、非常にコストパフォーマンスが悪いことがよくわかったので、購入するしかない。
マレーシアの車の価格は、中古車・新車ともに日本のほぼ3倍。
日本なら50万円位で買えそうな中古車が、むこうでは150万円。
関税が高いかららしい。
JICAの職員やロングスティの人は自家用車なら無関税で持ち込めるらしいけど、私はその恩恵は受けられなさそうだし、関税がらみの手続きも大変そうだ。
ちなみにマレーシアの国産車もそれほど安いわけではない。
日本車の中古車=マレーシア国産車の新車で、売り払う時に、日本車の価格は購入価格とそれほど変わらないけど、マレーシア国産車は随分価格が下がるので、損だと言われている。

それに日本の現在の研究費の制度では、車を買うのはとっても難しい。
民間の助成金をあてるか、自分で借金するしかないんだよなぁ。
困った困った。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
車がないと確かに不便ですね!。歩くのはどうでしょうか。パンがランバンでは皆様、歩いていました。あるいは相乗りでしょうか。
類人日記帳
2006/10/13 22:41
調査地から研究所(DVFC)まで歩くと、1泊2日かかります(ジャングルの中で1泊)。
私の調査地は観光客用の宿泊施設(ロッジ)しかなく、ロッジと関係なく生活している普通の村人はいません。
そのため、ロッジの車以外の出入りはありません。
なのでヒッチハイクもありえません。
そしてロッジの車は観光客を運ぶので手いっぱいなので、町までは乗せてくれても、研究所(DVFC)までは乗せていってはくれません(道が違うから)。
こういう事情から、研究所から迎えの車を呼ぶ以外、交通手段はないのです。
nouko
2006/10/15 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
調査地のマイカー オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる