オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オランウータン関連エコツアー

<<   作成日時 : 2005/11/30 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たまにはオランウータンがらみの話題を…
ボルネオ島サバ州(マレーシア領)で行われているエコツアーを紹介します。

(1)Red Ape Encounters
野生オランウータンの調査地を訪ね、村人の家にホームスティするツアー。
スカウ村はテングザルをはじめ、動物を見る観光地として人気がありますが、他のツアーではほとんどのお金は大手の旅行会社などにいってしまい、地元に落ちるお金はわずかです。
しかしこのツアーは村人が経営している現地の旅行会社が主催しているので、旅行代金の97%が村人のもとに落ちる、という画期的なシステムになっている。
これらのお金は村の公共施設の整備や野生動物(主にボルネオゾウとオランウータン)による農業被害対策、環境教育などに使われています。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい(英語)
http://www.redapeencounters.com/
料金は2泊3日1人RM 1,115=約35000円〜(サンダカン空港からの送迎、食事、宿泊、ボートトリップ込)

(2)ホームステイで熱帯雨林の自然を満喫:ボルネオエコツアー8日間
「このエコツアーで訪れるダガット村で暮らすティドン族は川えびを昔ながらの方法で採って、野生生物と調和しながら暮らしています。彼らのその暮らしぶりをありのままを皆さんに見て、体験してもらい、そのことで彼らは現金収入を得る。森林破壊やプランテーションの拡大に伴って川えびの収穫量が減っている村人は、その得た収入を子供たちが学校に通うためのボート代、ガソリン代にあてます。外国からの訪問客は村人にとっても、野生生物にとっても大変新鮮で、何より村人の“やる気”や“支え”になります。ダガット村での生活を通じて、エビの美味しさ、川での沐浴、満点の星空、人と人とのつながりを体感していただければ幸いです。」(by佐藤純栄:元青年海外協力隊員)

ツアーの詳細については以下のアドレスからご覧になれます。
http://www.jepstravel.com/

また、大学生協でも取り扱っておりますので、パンフレットなども参考にしてください。
大学生協や募集を担当する上記HPのエージェントからでも申し込みは可能ですが、ツアーの実施機関である(株)ジスコ・ボルネオ旅行社で問い合わせて、申し込むことも可能です。
問い合わせ先は以下の通りです。

潟Wスコ・ボルネオ旅行社
ネイチャー事業部 
担当:森本 裕子
住所:〒101-0042 東京都千代田区
神田東松下町45番地 神田金子ビル1F
TEL: 03-5295-1116
FAX: 03-5295-0255
E-mail: nature@borneotravel.co.jp

人数が集まるようであれば、HPにあるツアーとは関係なく、別のツアーをアレンジするということも可能ですので、上記旅行社にご相談ください。

このエコツアーの背景として、JICAのプロジェクトがあります。ご参考までにご覧下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オランウータン関連エコツアー オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる