オランウータン・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【不機嫌なジーン】 「研究なんて非生産的。何の役に立つの?人を幸せにするの?」 

<<   作成日時 : 2005/01/31 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

なんか、当初予想より、結構まともかもしれない、このドラマ。

「研究なんて非生産的。何の役に立つの?人を幸せにするの?」

ごもっとも。
生物に限らず、一見すぐには人の役に立たなそうな基礎研究をやっている科学者(数学、物理、天文、etc...)は、よくこの問いを投げかけられる。それに対してどう答えるか?

「一見、人に役に立たなそうな基礎研究の積み重ねがあって、初めて人の役に立つ応用的な研究ができる。」

「基礎研究そのものの成果よりも、研究する過程で得られた知見が、人の生活に役に立つことがある」

「研究の成果で人を幸せにできるかどうかは、科学者の範囲外。ただ、人を幸せにするかもしれない知識は提供できる。」

「人間にとって普遍的な、『知的好奇心』という欲求を満足させることができる」

「どんなに世の中の役に立たなそうな研究でも、研究している人間がハッピーで、『こんなことがわかった!』と熱心に語るなら、聞いている人間だってハッピーになれる。」

一番最後の答えは、今の指導教官に初めて会った時に言われた言葉。ちなみに

「動物の研究者になりたいなんて、『芸能人になりたい』って言うのと同じだ。好きなことで飯を食うということは、運も実力も両方必要。その覚悟がないなら、うちの研究室には来ないでくれ。」

とも言われた。
覚悟は固めたけど、まだまだ道半ば。
でも諦めたらそこで終わり。研究職につけたとしても、生き残るのもまた大変。

------------------------

話はかわって、「動物に愛はあるのか?」って話を聞いていて、自分が動物の行動に興味を持ったきっかけを思い出した。
それは我が家の飼って犬をめぐる三角関係?を見て「犬でも異性なら誰でもいいってわけじゃないんだ!好みがあるんだ…」と思ったこと。
うちの犬(オス)は近所のとあるメスにベタ惚れしていたけど、そのメスには全く相手にされていなかった。
そして、散歩中によく会う、彼を大好きな別なメスには、彼は全く無関心。
そしてなぜか、彼が次に夢中になっていたのは、オスの小型犬(去勢済)。もちろん、そのオスはうちの犬に迫られると逃げていた(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【心に残る言葉】研究者の心意気
【心に残る言葉】研究者の心意気 ...続きを見る
ガンジス川のほとり〜ガンジーblog
2005/02/04 21:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>「研究なんて非生産的。何の役に立つの?人を幸せにするの?」

こんなヒマな質問ができるほどの幸せを与えたのは...
人間の研究活動のおかげダ!
そんなナマイキ言う奴は電気も石油も使うなぁ!!
サトル
2005/01/31 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
【不機嫌なジーン】 「研究なんて非生産的。何の役に立つの?人を幸せにするの?」  オランウータン・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる